« 前奏曲-We are not alone-の初回特典でないCD入手 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

以前からの見に行きたかった「木更津キャッツアイ」を見に行った。

面白い。

初めて「木更津キャッツアイ」を観る人でも十分楽しめる内容。

以下、ここから下はネタバレです。

ぶっさんがなぜ蘇ったのかも納得できる。

なぜ、お父さんにぶっさんが見えなかったのかも分かる。

うっちーが激変。

これには驚いた。

栗山千明演じる美人鬼教官に叩き直され、激変。

さらに自衛隊脱走、兵器(?)を間違えて持ち出し、逃亡生活。

やっぱり今回も鍵を握っていたのは、うっちーだった。

 

ぶっさんが蘇った後、奥さん(ユンソナ)に迫るのだが、

ズボンを脱いだ時に爆笑。

まさか下半身がマネキンになっていて、出来ないとは思わなかった(笑)

そして、ものまね教室が面白い。

というか野球をしているところで、神無月が同時に同じものまねをしていたのが印象に残っている。

そして、似てない(笑)

 

ぶっさんが死ぬシーンでは、涙を堪えるので精一杯。

また、ぶっさんがみんなを見守っていたことも、涙を誘う。

いい作品。

« 前奏曲-We are not alone-の初回特典でないCD入手 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143186/13066776

この記事へのトラックバック一覧です: 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ:

« 前奏曲-We are not alone-の初回特典でないCD入手 | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ